社長の一言
三共透明紙の「透明紙」とは、今では聞きなれない言葉になりましたが、”セロファン”のことを言います。
 私の祖父がスイカの切り口にセロファンを当て、包むことを考え出しました。
  当時としては、スイカは新聞紙で包むのがあたりまえのことでしたので、大受けしたとのことです。
  以来、果物と野菜の包装には、セロファンは欠かせないものとなりました。
 また、薄いセロファンに紙を貼り、コシを付け、オフセット印刷をこころみたのは、父でした。
 その後、各地の夏祭りの出店で使う包装資材を扱うようになりました。綿菓子の袋と金魚の袋を手始めに、たこ焼きの皿、リンゴ飴の袋、クレープの袋、花火の袋、ベビーカステラの袋など、あらゆるお祭りの包装資材を、1,500アイテム取り揃え
"まっちゃまちの三共さん"と親しまれるようになりました。

 今では、夏祭りや花火大会をはじめ、学校の文化祭、バザーの時期には、本店はテンテコ舞になります。
 創業54年、高齢の父も母も毎日元気に働く、総勢15名の小さな会社に是非一度ご来店ください。きっと お祭りの準備に追われる、あわただしさの中で、ワクワクした雰囲気を味わってもらえることと思います。
  また 社名やオリジナルデザインの印刷、別注サイズのご用命は本店8Fの営業でお伺いします。何なりとご相談ください。

       平井大乗     

会社概要
会社名
三共透明紙株式会社
設立
昭和27年8月25日
資本金
2,000万円
従業員
15名
所在地
大阪市中央区瓦屋町1丁目7番19号
本店 1F
TEL:06-6761-4431 FAX:06-6762-5319
営業所 8F
TEL:06-6761-5314 FAX:06-6761-4413
E-mail
info@sankyo3.co.jp
ホームページ http://www.sankyo3.co.jp
トップページへ